パクチーの宝塚日記

宝塚ファンのパクチーによる観劇記録
大劇場公演は全組見る派(注意:たまに辛口)

Doramatic‘S 感想

あくまで個人の感想であり(しかも好みが偏っている!!)、ひいきにしているジェンヌさんをけなすこともあるかもしれませんので、贔屓を悪く言われるのが許せない方は閲覧禁止!


これは泣くなと言うほうが無理なショーです。


あっという間に終わってしまった素晴らしいショーでした。
退団者のための見せ場もちゃんとあって、ちぎみゆや雪組に思い入れのある方はハンカチ必須です。


とくに雪組カラーのグリーンの衣装で退団者とちぎみゆが踊るシーンは
泣くなと言うほうが無理!!


おなじみの 絆!絆! の振り付けもがっつりとあって
愛にあふれるシーンでした。


退団者のシーンはそこだけかと思いきや、後半にも退団者が銀橋で歌うシーンがあります。
大ちゃんとか相変わらず歌はへたくそなんですけど、その下手だけど元気な感じや、下手だけど見た目は麗しい感じも愛おしくて愛おしくて泣けました。
今までお疲れ様でした。なんか元気をもらえるジェンヌさんでした。下手だけど。


みゆちゃんなんかも今までは芝居では思い切り目立つけど、ショーだと埋没してしまうイメージがありました。(ショースターではなく役者なんだなーと思っていました。)
しかし今回はショーでも割と見つけやすかったです。退団者特有のオーラかな?


あと!!今回のショーで印象に残った事!!


ひとこ(永久輝せあさん)ってかっこいい!!


これは語りたいくらい良かったので、別に書こうと思います!
また気になる人が増えてしまった。


男役の群舞はちぎさんの最後に相応しいクラシカルなものでした。
お二人のデュエットダンスも愛があふれて素敵でした。
デュエットダンスっていまだに良さがわからないのですが、ちぎみゆのデュエットダンスは大好きです。最後だと思うとここでも涙が・・・





幕末太陽傳感想②

あくまで個人の感想であり(しかも好みが偏っている!!)、ひいきにしているジェンヌさんをけなすこともあるかもしれませんので、贔屓を悪く言われるのが許せない方は閲覧禁止!


ちぎみゆやめないで(;;)
もうこれしか言葉が出てこないです。



雪組って全体的にお芝居が上手いですね。
やはりトップコンビが芝居が上手いと影響されるのでしょうか?
ちぎみゆのお二人はいい意味で宝塚っぽくないいいお芝居をしていると思います。
宝塚ってすごく癖があると思うんですよ。だって女性が男性をやってるんですもん。
宝塚ならではのしゃべり方や発声や間の取り方などがあります。
それが宝塚のタカラヅカらしさであるとも思います。
でもお二人は宝塚の癖があまりなく、ご自身の気持ちやキャラクターを素直に役に反映していると思います。


ちぎみゆで見たいお芝居たくさんあった。
エリザベートもスカピンも風と共に去りぬも、いい意味で宝塚に染まらない二人なら新し
い表現で見せてくれたかもしれないと思うととても寂しくて残念です。
特にみゆちゃん程の娘役さんはもう現れないかもしれないと思うと退団が残念でなりませんね。


おっとちぎみゆの話になってしまった。
雪組の話に戻ります。


みんなセリフ回しがうまいと思いました。
全体的に聞きやすく、出番の少ない役もちゃんと個性を感じられました。
芝居の雪組だなと思いました。


ずっと星組の感想を書いていましたが、やはり雪組の方が芝居力では一枚上手かと。
アドリブも悪ふざけになることなく、ちょうどいい塩梅でしたね。
舞咲りんちゃんとかすごい役をしていましたが、今回はあのシーンではあの役は面白くてよかったと思います。使いどころを間違えるとうっとうしいかもですが。


真彩きほちゃん・・・写真でみるよりとっても可愛らしくてびっくりしました。
星組時代はなんかごついイメージがあったのですがとても可愛らしかったです。
歌も上手ですね。芝居もやりすぎることなく自然でよかったと思います。


星乃あんりちゃん・・・かわいいのに辞めちゃうのね。可愛らしいイメージしかなかった彼女ですが、今回は女郎を妖艶に演じておられます。いつのまにかこんなにお芝居が上手になって(;;)
みゆちゃんとのキャットファイトは見ごたえばっちりなので要チェックです。
何故かそこで「天国と地獄」が流れるのが面白かったです。




幕末太陽傳感想

あくまで個人の感想であり(しかも好みが偏っている!!)、ひいきにしているジェンヌさんをけなすこともあるかもしれませんので、贔屓を悪く言われるのが許せない方は閲覧禁止!


ちぎみゆやめないで(;;)


ということで、大変さびしい気持ちを抱えながら幕末太陽傳・DoramaticS!を見てきました。


全体的な感想を書いていきます。
ネタばれ多少ありますので見てない方は、読まないほうがいいかもです。


幕末太陽傳


トップ退団作品のオリジナルは駄作!の法則にしたがって(?)
駄作だ駄作だと噂は耳にしてましたが、私としては
宝塚ってこんなもんじゃない?」って感じです。
もともと面白いもんじゃないよ。スターシステムがある以上面白くできるものもできないんだもん。
最近は面白い作品が多く、忘れかけていましたが宝塚の芝居って面白いほうが珍しいと思うんですよね。
だから幕末太陽傳は普通レベルだと思います。少なくとも私にとっては
ケイレブよりは全然面白い!!


作品は日本物ながら、明るい雰囲気でテンポよく進んでいくのでとても見やすいです。
ただ短い時間でたくさんの人物が動くので一人一人にスポットを当てすぎて、人物をあまり掘り下げられなかった印象があります。
テンポよく話が進んでいくぶん、大きな盛り上がりもなく初めから終わりまで同じペースで進み終わってしまう感じ。物足りなさがあります。
一本物だったら、二幕から大きな事件が起こってみんなで解決して・・・って流れになって面白かっただろうなと思いました。


ちぎみゆの卒業ということもあり、ラスト付近でちぎみゆだいもんで歌うシーンがあります。ここは涙なしには見られません。


私にはいのさん(居残り佐平次)の明るさとちぎさんの明るさが重なって見えて、
いのさんが十分魅力的な人物として見えたのですが、ちぎさんを知らない方が見て
どの程度、いのさんをとらえられるのかは疑問ですね。
もう少しちぎみゆの役は劇中で掘り下げられてもよかったかもなー。


あとだいもんのやる高杉晋作がなんだか地味・・・。最後なんだしもっと絡みを見たかった。あと桃花ひなちゃん・・・かわいくて好きだったのに、今回退団なのに、、、もっといい役でみたかった。


色々な世界を知っているいのさん(ちぎさん)に外の世界を知らない女郎のおそめ(みゆちゃん)が「外の世界を見てみたい」と話すシーンは、
2人の大劇場公演1作目の「ルパン三世」のルパンとマリーアントワネットの会話を思い出して少しジーンと来ました。
世間知らずのみゆちゃんを暖かく見守るちぎさん・・・この二人はこういう関係のお芝居が似合うんでしょうね。とても素敵なシーンでした。



長くなったので続く。。。